スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルパンギーナ

2008年10月05日 16:38

らうーその後。

昨日昼食頃:38.7度
   

部屋を暗く涼しくしたら、
二時過ぎに30分くらいかな?
ちょっとだけお昼寝。


おやつ頃:39.1度

少々鼻がでる。

猛烈に暑いので、
日が傾いてきた5時頃にかかりつけの小児科に。


先生は、私にもらうーの喉を見せてくれた。
(実はよくわからなかったけど)

診断のヘルパンギーナとは
喉に水泡ができる、夏風邪の一種。
聞いたことある名前だけどよく知らなかった。

2~4日で熱は下がるけど、
それといれかわりで喉の痛みがでてくるそう。


夜も39・1~2度をキープ。


解熱剤を一度使用。


よく眠れないようで何度も起こされる。



朝になると、37.2度まで熱が下がっていた。

昼にはもう36度台まで下がる。


朝食はあまり食べない(いつものことだけど)

昼食はオムライスにしたら、ほとんど食べた。
喉が痛くて食べられないという感じではない。

おやつはいつもどおりよく食べる。


土曜日にもう一度診察してもらう予定。

結婚式は、熱が下がってれば大丈夫とのこと。



らうーは、結婚式に出るため買った
おめかし衣装(普通のワンピースとサンダルだけど・・・)
が嬉しいようで、家で試着に余念がない。


どうやら行けそうでよかった。


のどが痛くてご馳走食べられなかったらかわいそうだけど・・・。



追記:結婚式のおめかし衣装
IMG_9243.jpg
ワンピースとボレロ

IMG_9246.jpg
気に入ってたサンダル
しかし、ものすごく歩きづらそうだったのでこれっきり。

スポンサーサイト

夏休みスタート

2008年07月17日 10:38

夏休み初日の今日、
来週お誕生日のお友達を呼んでお祝いランチ予定だったんだけど、


らうー、朝から発熱。



で、中止。
おうちで様子をみつつのんびり。




今のところ37.8度の熱で
他の症状はなし。
疲れがでたのかな??


幼稚園に行ってる時は
ほとんどTVを観てなかったので
(特に観たがらなかったし)
今日は久しぶりにしまじろうなんかを満喫中。


日曜日は親戚の結婚式。

それまでに熱が下がるといいなあ。


心雑音の原因

2007年09月30日 15:01

一歳半検診で心雑音を指摘されたらうー。

大きくなると臓器が完成し、音がしなくなることも多いとのことで
その時は、以後指摘されるようなら精密検査と言われて終了。

二歳を過ぎて
かかりつけの小児科医にも指摘され、
二歳半で心雑音で大学病院へ行ったらうー。


泣いて検査結果がわからなかったので、
「3歳過ぎておねえちゃんになったら再検査」
ということでした。


先日、予約の日がきたので行ってきました。

病院に行くのをものすごく嫌がるかと思いきや、
パパが「今日は病院で先生に診てもらおう。」
と言うのに、うん、とうなずく。

病院に着いても逃げ出すようなことはなく、
診察室にも駆け込んで入ったほど。


今日は心電図などの検査を先にする事無く、
初めに担当の先生が胸に聴診器を当て、
次に長いこと胸に超音波?の機械を当てて
画像を見つつ調べていた。


結果、
大動脈の血液を送り出す弁が、通常三つに分かれるところが
(メルセデスベンツのマーク、と説明してくれた)
二つにしか分かれていない、との事。

きれいに二つに分かれているわけではなく、
三つになりそこねて二つに分かれた感じなので、
ひとつがうまく開かずその結果雑音が生じるという。

今のところ、血液の流れがとても少ないという事はないので、
いたって元気。

ただ、いずれ弁が固くなって極端に血液の流れが悪くなる
可能性がある。
固くなった弁に血液を流そうと心臓が頑張り、
異常が起きることも考えられる。

それは、
らうーがおばちゃんになってからの確率が高いんだけど、
若いうちにそうならないとは言い切れないので、
半年ごとに検診をして経過観察。


前回の見立てどおり、特に心配な状態ではなく、
原因がすっきりわかった。

今回、らうーは
「一人で寝かされる検査」がなかったので、
いたっておりこうさんで終了。

次回は最初に心電図。
多分、泣くだろうなあ・・・・。



それにしても人間って複雑に精密にできている。
赤ちゃんはとても小さいのに、
全部完成するようになっていることに
改めて驚きを感じてしまう。

今の医学も小さな赤ちゃんや子供の
ほんの小さな異常を見逃さない。
これだってすごい事。


産まれてくること、
成長すること、
生きていくことの重みをぼんやりと考えた一日でした。

熱下がった

2007年07月25日 18:00

昨夜は解熱剤をのませたあと、38.3度。

昼寝をしなかったせいか、
夕方からほとんど身動きもせず眠り続ける。

朝には36.8度。

食欲もある。
よかった~。

外を二度自転車で散歩し、
お向かいの子と少し遊ぶ。

ちょっと疲れてるっぽいな、と思ってたら、
その後昼寝を三時間。


まだお腹がゆるい。

せきが増え、
ちょっとかすれた声のらうーです。

もうちょっと体力が戻るといいなあ。
(それはそれで大変だけど・・・)

発熱→下痢その後

2007年07月24日 16:25

前回、
「元気あるので見てて安心」
なんてシメたけど、
どうも熱が下がらない。


月曜日。
お昼寝が中途半端だったらうー、夜8時頃寝る。
熱は37.8度。


が、9時頃目をさまして泣いている。


見に行くと、



「おなかいたい~!」


と泣きながら大暴れ。
空中にキックをかましたりしてる。



こうまで痛がってた事がなかったので、



「なんか重大な事では?!」



と心配になり、夜間診療所へ。
(私達は心配しすぎか?)

出発前と着く直前に吐く。



経過を話し、昼間病院でもらった薬を見せる。



腸で細菌が増えちゃったかな?とのこと。
腹痛については、食べると刺激になり、
出したくなる時に痛くなるせい。

吐き気止めと整腸剤をもらう。


帰宅後、また吐いてるので
吐き気止めの座薬をいれ、しばらくしてから
整腸剤を飲ませる。


少しお腹が痛いと暴れたけど、
しばらくするとおとなしく眠った。



発熱→下痢→嘔吐



前回の胃腸炎と同じ経過・・。
いやな感じだ~、と思いつつ、寝る。

らうーは目をさます事無くよく寝ていた。
熱は38度くらい。

翌日。
熱が朝から39度。
動き回るせいか?下がらない・・・。

この前と違い
食欲もあり、元気がある。

「おなかすいちゃった。おやつたべる。」
なんて言ってる。

昼寝もしない程・・・・。(寝てくれ~!)



また夜になっても、
空中にキックをかまして暴れませんように。




最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。