スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭訪問

2008年04月15日 15:33

今日は、家庭訪問。

らうーの担任のA先生が、家に来てくれました。


幼稚園でのらうーは、というと

とにかく 絵本大好き な様子。

登園したら絵本コーナーにまっしぐらだそう。
先生に「これ読んで。」なんて言ってるらしい。

まだ幼稚園でおしっこできなかったり、
靴を自分の場所にしまえなかったりするけど、
だんだんに・・・とのこと。

先日お迎えに行った時は、お友達と笑いながら絵本を読んでて
こちらに気づかない程だったので、
お友達とも楽しく遊べるようになりそう。

ママである私の方も、
送り迎えをしているのでだんだん顔見知りが増えてきて
楽しくなってきました。




らうーの幼稚園の先生は若い先生が大多数。

らうーの坦任のA先生は新任の先生。
すごくきれいでかわいい。

ベッキーを少々和風にした感じで、
きれいな瞳と透き通るような肌、さらさらの髪が印象的。

いつも送り向かえの時、


「先生、肌きれい~。」


「目の保養になるわ~。」




などと思ってしまい、かなりオヤジ目線の私。




先日帰る時、らうーが帽子をかぶってなかったので、
「今日は帽子は持ち帰らなくていいんですか?」
と聞いたところ、

A先生、びっくりするほどの速さ で教室中を見渡してくれた。
腰を落として反復横跳びをしてるのかと思ったほど。

見つからないので後で連絡します、と言ってくれて
午後には帽子をかぶらず登園したお友達が、
間違えてかぶって帰ったことが判明。


きれいで可愛いだけではなく、
何かあった時には速やかに対処してくれるのが
よーくわかりました。



A先生、らうーだけじゃなく私も大好きです。
一年間どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

幼稚園生活スタート

2008年04月10日 13:56

●入園式


入園で思い浮かぶ光景といえば、


青空、舞い散る桜、和やかに写真撮影・・・・
なんてところでしょうか。



らうーの入園式当日はというと、


激しい雨、強風、朝のうちは雷を伴う



・・・・なんてことに。
(「普段の行いが・・」は禁句ですヨ)



長靴・カッパ・傘の雨支度フルセットで入園式に臨みました。




入園式の間、立ち上がったり
お友達につられてちょっと動き回ったりしちゃったけど、
名前を呼ばれたら返事ができたし、OKな感じ。



式終了→予約しておいたスタジオで記念撮影→昼食後帰宅。


夕飯はお赤飯でお祝い。

IMG_8691.jpg
初めて自分で炊いてみた。
ちょっと柔らかかったけど、炊飯器で手軽にできたし満足。

夜は八時過ぎに就寝。



●登園初日

七時ちょっと前に起床。

「幼稚園に行く」というのが頭にあるようで、
朝ごはんを今までより短時間で食べる。
TVを観たがっていたので、
「ご飯を食べて着替えたら観よう」と話していたけど、
着替えたら


「もうようちえんいく。」


と出発モード。

自転車で行こうかと思ったけど、時間に余裕があるので徒歩で出発。

嫌がることなく先生と自分のクラスに入っていく。

お迎えに行くと、なんだか疲れたようでボーッとしていた。
天気が良かったので、園庭で30分程遊んでから帰宅。

7時ちょっと前に就寝。


●2日目

七時ちょっとすぎに起床。

「らうー、ようちえんにいくの。」
「ママはなにしてるの?」
「らうー、ママとあそびたい。」

とちょっと行きたくないような雰囲気を漂わせつつ、
でも今日も早めに出発できた。
またもや雨だったので、雨支度。

すんなり教室に向かう。

迎えに行くと、教室の出入り口で先生に取り押さえられている。
目が合うと、

「ママー!」と大きな声。

まだまだ慣れるまではお迎えを待っている状態かな。

帰り道、チューリップの歌を歌い、
「すず、シャンシャンってやったの。」と話してくれた。



慣れない環境で不安でいっぱいだろうし、
緊張してるのがよくわかる。

それでも自発的に行こうとするのは、
相当楽しいんだろうな。
お友達、いっぱいできそうだしね。

幼稚園の面接

2007年11月01日 20:30

今日は幼稚園の親子面接。

まず始めは、願書提出。

その後、親子5組で部屋で待っていると、
5人の先生達がわーっと入ってきた。

子供一人に一人の先生がつき、
子供だけ別室に連れ去って入った。
らうーについてくれたのは、
山川恵里佳似の先生。
(↑DHCのCMに出てる、もんきっきーの妻)


「らうーちゃん、こんにちは~♪」
とっても明るい。
らうーは今日髪を二つ結びにしていたので、
「うわあ、髪の毛可愛いね♪」
とらうーの女心を刺激しつつ、
「先生と遊びにいこっか♪」とすみやかにリード。

らうーは「??」という感じで圧倒されつつ
手をつなぎ、なぜか勢いづいて走って退室。

「手をつないで走ってる・・・。
なんか楽しそうだし大丈夫だろう。」

と安心してたけど、10分か15分後に帰ってきたときは
情けない顔で泣いている。

おもちゃや紙芝居で遊んだ模様。

「最初元気でいっぱいお話もしてくれたけど、
紙芝居が終わるかと思ったら終わらなくて
寂しくなっちゃったみたいです。」
と先生は教えてくれた。

まだまだらうー自身の限界設定を超えるとダメみたい・・・。

春から手こずりそうだなあと思いつつ、親子面接。

といっても、親には何も聞かれない。

らうーは、特に優しい雰囲気でもないおじさんに
(↑誰だったんだ?)いろいろ聞かれてた。

名前と年齢は、蚊のなくような声ながらお返事できた。
「好きな果物は?」「りんご。」(←ほとんど食べない)
「すいかは好き?」「うん。」(←これも食べない)
「好きな野菜は?」「トマト。」(←ナマでは食べない)
「ピーマンも食べれる?」「ん。」(これはホント)

他にもいろいろ聞かれたけど、
らうーの声の小ささと、
キョロキョロしてあんまり集中してないのが災いしたのか、



「まあいいや。」




などと言われてしまった。(投げられた??)




全体的にダメダメな感じだけど、
うわさどおり面接で断られることはないらしく、
そのまま入園金を納め、
制服やたいそう服を注文して帰った。

 
夜、お風呂に入りながら幼稚園での事をらうーと話した。

最後に、こう言われた。





「ママ、おりこうしゃんで座ってられた?」







らうーも私の心配してくれてたのかあ。
おりこうしゃんだったかわからないけど、座ってられたよ。

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。