スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パパ』バトン

2006年05月24日 22:04

tuk-tuk*~子育てママの息抜きブログ生活のサトさんからバトンを受け取りました。

今回のは指定バトンというものらしいです。

■指定型バトンのルール■
・廻してくれた人からの『指定』を『』の中に入れて答える
・廻す時。その人が『』を指定して廻す
・次に5人に廻す

サトさんは『わがちち』というお題に答えていました。

そのサトさんからののお題は、『パパ』。
パパ(父)でも、子供から見たパパでも
妻から見たパパでも・・・・・
ということです。

先日実家に泊まったこともあり、
私のパパ(父)、らうーのじいじについて
書こうと思います。

●最近思う『パパ』
 「年とったなあ~!」
  もともと白髪の多い人でしたが、
  名実ともに「おじいちゃん」となった感じです。 

●この『パパ』には感動
 肘の辺りに10針以上縫った傷跡があります。
 それは赤ん坊だった私をお風呂に入れていた時、
 どういうわけかお風呂場のドアにはめてあったガラスが割れ、
 私をかばった時についた傷だそうです。
 子供だった私が傷のことを聞いてもとぼけていて教えてくれず、
 母から初めて聞いた時はちょっとおどろきました。
 かばってくれた事にも、自分から話さなかった事にも。
 話すと私が気にすると思ったのでしょうか?
 私が大きな傷なく成長したのは父のおかげです。

●好きな『パパ』
 以前ちょっとこのブログでも書きましたが、
 手作り精神旺盛なところ。
 麺類、パン類、洋菓子、中華まんなどなど。
 いわゆる普通のおかずは 母任せでしたが、
 ちょっと目先の変わったものをたくさん作ってくれます。
 失敗作多いけど、全然メゲません。

●こんな『パパ』は嫌だ
 食べ物以外に、いわゆる日曜大工的な事もよくやってますが、
 仕上がりが雑!
 もうちょっと美しく仕上げてくれると、
 気持ちよく使えるんだけど・・・。
 なんだか貧乏くさいものを色々とこしらえてます。

●この世に『パパ』がなかったら
 う~ん、考えられないですね~。
 私もこの世にいないし、母は誰と結婚したんだろう?
 とか考えると、
 今とまったく違う世界が展開してるはずですもんね。
 
 ちなみに私の父は、『パパ』というより「親父」ですね・・。

 
 次にまわす方、指定しないんですが
(毎度すみません・・・)
 一応お題を設定しておきます。

『食事』です。

 私が食い意地が張ってるのは父の影響大なので・・・。

 興味のある方、ぜひ持ち帰ってやってみて下さい!


IMG_1087.jpg

やっと再び孫をひざに抱く事ができました!
(人見知りにより苦節一年・・・。)
スポンサーサイト

コメント

  1. ひなぐみそ | URL | 3ofygqbY

    パパかぁ。。。
    σ(゚∀゚ミソ)もパパっていうガラじゃないですね~
    親父ってガラです^^

    娘をかばって出来た傷、、、
    そんなの照れくさくて言えなかったのかな?

  2. usausagi | URL | -

    うん、なんかいいお話。私には子供のときから父親がいなかったから、なんかあこがれます。親父~!って感じしますね^^らうーちゃん抱くことできて、よかったですね^^

  3. ひなっち | URL | -

    んまぁ~w イイお話♪
    パパさん(じぃじ)、再びらうーちゃんを抱っこできて至福の時♪?
    私の父は、厳格な父なので、あまりイイ思い出が…ナイなぁ。。
    うちのパパ(旦那)は確実にちびの為なら火の中水の中。
    へっちゃらで飛んでいきそうです(笑)
    きっとくさもちさんも、パパさん(じぃじ)の愛情たっぷりで育ったんですね~♪
    バトン…楽しむだけ楽しんで読み逃げ(笑) ε=ヾ(*・∀・)/

  4. サト | URL | -

    かばってできた傷のこと、言わずにいるなんてクールなパパ(親父?w)だね♪
    しぶいわ~(´ー*`)
    読んでて私も感動しちゃった♪

  5. くさもち | URL | -

    ひなぐみそさん
    おっ!ミソさんも親父ですか。
    とてもまめにゆあちゃんの事を見ているのが伝わってくるので、
    きっとゆあちゃんは親父(失礼!)について
    たくさん語れるようになるでしょうね~。


    usausagi さん
    ぶっきらぼうでこわい顔をしてるけど、
    これで子供好きなのです。
    人見知りMAXの時期のらうーを触れないのに我慢できず、後ろからふいに抱っこしては
    余計に嫌われていました。

    ひなっちさん
    ちょうど一年前から、顔を見ては泣かれ、近づかれては泣かれていたので今回はたくさん抱っこできて嬉しそうでした。
    うんうん、旦那さん、そうでしょうね~。
    可愛い姿を見るたびに、よそのおうちの事ながら「お年頃になったら心配だろうなー」「お嫁に行くとき大変だろうなー」と余計な事を考えてしまいます。

    サトさん
    そうですね~。確かに「しぶい」という言葉が似合う風情ではあります。
    傷の事は、もしかして忘れていただけだったりして??

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raurau.blog31.fc2.com/tb.php/196-2b17786b
この記事へのトラックバック

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。