スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズーラシア

2007年11月03日 19:46

前回動物園に行ってから
二週間しか経ってないのに、またまた動物園へ。

経緯は省略しますが、


パパが甘いというのが全てか!?


今回は、ズーラシア。

ここはディズニーランドをモデルに作ったんじゃないかと
思わせる雰囲気がある。
園内から外の建物が見えないし、
とてもきれいに整備されてるし。


ズーラシアといえば、オカピ。

IMG_7650.jpg
ホンモノ、遠くて撮らずじまい。

おとなし~くしてました。
優しそうな、きれいな動物。




今回もゾウに大喜び。
IMG_7644.jpg
遊んでくれるゾウもいました。

色々見たけど、
一番長く見てたのは、えさやりの時間と合ったイノシシ。
お母さんと4頭の子供たちで、意外に可愛かった。

IMG_7651.jpg

白菜、キャベツ、ニンジン、ごぼう等。
季節モノでサツマイモ、どんぐりも入ったこの日のメニュー。
ヘルシーだ。


アフリカのイノシシで茶色の毛並みがきれい。
生後3カ月頃までは、うりぼう模様だったそう。




園内は広い。
らうーは、午前の早い段階で
「おやつ食べようよ。」
「おなかすいちゃった。」
とグダグダ。

動物を見つつ、らうーの気を引き、
なんとか良さそうな場所にたどりつき、お弁当。

今回は好きな卵焼きを独り占めせず、
「はい、どーぞ。」と順番に配ってくれた。

食後は芝生でゴロゴロ。
IMG_7637.jpg


午後も動物を見た後は
園内の遊具で遊び、
最後に退園ゲートを出てすぐのハーゲンダッツでおやつ。

近道して見なかった動物もいるけど、
なんとか全体をみて、遊ぶこともできた。

歩いていてダラダラすると、
いちいち「滑り台やるんでしょー?」
「早く行かないとアイスなくなっちゃうよー?」
と、歩く目的を思い出させて、なんとか歩かせた。

午後の後半はダラダラ←呼びかけのサイクルが
どんどん短かくなっていったので、
とんでもなく忘れっぽい人みたいでおかしかった。

長~い夕寝から覚めると、
いきなり「またどうぶつえんいこうね!」
と言ってたので、楽しかったみたいでよかった。
スポンサーサイト

コメント

  1. mion'sfather | URL | -

    オカピやぞうがリアルですねー^^
    うり坊とってもかわいいな^^
    起きてから思い出したように
    また行こうねって楽しかったんですね~^^

  2. みっちぃ | URL | DSptUo96

    ズーラシアは園内が綺麗ですよね♪
    週末は天気が良かったから気持ちよかったでしょう?
    いのししの親子可愛いですね
    オカピに乗ってるらう~ちゃんはもっと可愛いわ♪

  3. milk | URL | ZAUQX9fQ

    ズーラシアに行かれたんですねっ!
    まだ行ったことがないので、今度いってみたいなぁ~~☆
    動物園って、見ながら歩くと、気づくとけっこうな距離を歩いてたりしますよね!
    らうーちゃん、いっぱい歩いて、えらかったですねっ~~(*^^*)
    らうーちゃん、動物園満喫したみたいで、楽しかっただろうなぁ~~♪♪

  4. くさもち | URL | -

    mion'sfatheさん
    広場にゾウのほかにもリアルな人形?がたくさんあって、子供に大人気でした。
    いのししとはいえ、子供はやっぱり可愛い!
    園内で結構ダラダラしてたので、
    「楽しくなかったのか?」と思ってました~。


    みっちぃさん
    お天気だと、やっぱり気持ちいいですね。
    だいぶ肌寒くなったけど・・・。
    オカピ、ホンモノは一番奥まったところで大人しくジーっとしてました。
    らうー、相手が動かないとなると、乗っかったりぶら下がったり空き放題でした。


    milk さん
    そうですよね、動物園ってどこ行っても結構歩きますよね。私も疲れた。。。
    グダグダしながらも、なんとからうーは歩きました。燃え尽きたらしく、変な時間にたっぷり寝ちゃいました。(揺さぶっても起きず!)
    帰ってくると、また行きたくなるみたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://raurau.blog31.fc2.com/tb.php/502-9a0df5c3
この記事へのトラックバック

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。